診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00

〒721-0952
広島県福山市曙町3丁目21番9号

TEL:084-982-8338
メールでのお問い合わせはこちら

入れ歯・義歯

福山駅のもりかず歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
歯科用CT導入 歯科用CTによる精密で高度な診断が可能になり、より正確な診断と、安全で丁寧な診療を実現できます。 清潔を徹底的にこだわります 給水管路クリーンシステムにてユニット内部の除菌、タービン一本一本すべて滅菌し、皆様には安心して治療を受けて頂けます。
院長ブログ スタッフブログ 診療予約
MOBILE
HOME»  入れ歯・義歯

入れ歯について

入れ歯には、外れやすい、違和感がある、器具が目立つ等、世間一般にはマイナスのイメージが連想されがちです。
しかし最近では、歯茎とのフィット感にこだわった入れ歯や、クラスプ(バネ)が目立たない非金属の材料を用いた入れ歯、そもそもクラスプを使わないノンクラスプデンチャー、インプラントや残った歯根を利用して行う入れ歯等、実に多種多様なニーズに沿った入れ歯装置が利用されています。
また、しっかりとした検査・診断のもと、正確な技工技術を用いて、時間をかけて適合精度の高い入れ歯を製作すれば、外れにくく、モノが良く噛める快適な入れ歯を製作することが可能です。
すぐ外れてしまったり、噛んだときに痛みや違和感を生じる入れ歯は、そもそも適合精度が低いと言わざるを得ません。
入れ歯治療は外から見る以上に、型合わせの精度が求められる治療です。そのため、最終的な入れ歯を製作するには本来時間のかかる治療法だとも言えます。 

入れ歯の種類

保険

レジン床義歯


【レジン】

 

保険の入れ歯では、入れ歯の土台(床)の部分はプラスチック(レジン)で作られます。十分な強度を持たせるために床が厚く作られ、そのために食事の温度がお口に伝わらなかったり装着した時に違和感があったりします。 レジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣ると言われていますが、最近ではこのデメリットを改善できるレジン床義歯も出てきています。 保険適応なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

自費

金属床義歯


【金属】
 

金属床義歯とは、土台となる部分を金属が作られた入れ歯です。金属を使用することで、薄い土台でも強度を持たせられ、装着感より自然です。 また、金属が熱や冷たさを伝えるので、食べ物の味そのものの味を味わえます。 割れにくく、変形しにくいのでほとんどの症例で使用することができる、といったメリットもあります。

●フレキサイトデンチャー
入れ歯のバネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりとなります。
維持の部分のみ金属となり、素材も普通の素材より強いものを使っています。

【バネの見えにくい入れ歯】
部分入れ歯をお使いの皆さんは、金属のバネを歯にひっかけていらっしゃると思います。このバネにより、入れ歯を横揺れやしずみ込みからなるべく防いでいる仕組みです。
噛む力はかなり強いので、バネも強い維持力や把持力を持つ金属でないと簡単に折れてしまいます。これがバネが金属である理由の一つです。しかし、奥歯にバネをかけるならともかく、前歯にかけていらっしゃる方は見た目が気になる方も多いのではないかと思います。

その悩みを減らすために『バネが見えにくい入れ歯』があります。
入れ歯の素材も普通のものより強いプラスチックを使い、バネも歯ぐきと同じ色のものを使い、見た目に入れ歯とわかりにくい構造になっています。
見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者様には好評です。

PAGE TOP