診療案内|もりかず歯科医院|福山市曙町の歯医者・歯科

ご予約・お問い合わせ084-982-8338

〒721-0952
広島県福山市曙町3丁目21番9号

MENU
診療案内

一般的な歯科診療

ご自分の歯で食事を楽しむには、口の中を健康な状態に保つことが大切です。予防に取り組むとともに、早期発見・早期治療のため、歯科検診を受けましょう。少しずつ丁寧に治療しても、削った歯は戻らないからです。

もっと見る

歯の病気の代表である虫歯ですと、歯の表面がツヤのない白さになっていればすでに虫歯の可能性があります。この段階ではまだしみたり痛んだりもしないので、ご自分では気づきにくいかもしれません。しかし、この段階で見つければこそ、削らずに再石灰化を促す処置で済む可能性があります。

歯がしみるようになったら、虫歯が1段階奥に入り込んだサインです。虫歯菌に冒された部分を削り取り、つめ物をします。さらに、痛みが出て「虫歯かな」と来院した場合ですと、すでに神経に感染していることがほとんどです。何回か通院していただき、神経や周りの組織を抜いて消毒することになります。ぜひ、早めに治療をお受けください。

予防診療

まだ歯科医院を「歯が痛くなったら行く」とお考えの方はいらっしゃらないでしょうか。たしかに、新しいかぶせ物やインプラントといった良い治療方法は増えていますが、治療や費用のご負担が避けられません。

もっと見る

なにより、天然の歯以上に優れた人工歯は存在しないのです。お口の病気のなかでも虫歯と歯周病は細菌による感染症ですので、予防としてお口の衛生管理に取り組めば、かなりの部分を避けることができます。そこで検討していただきたいのが、予防ケアを受けに歯科医院を利用することです。

歯磨きだけで毎日汚れを取り切れれば良いのですが、なかなかそうはいきません。歯科の予防診療では、歯科衛生士が機械を使って歯垢や歯石を除去する、PMTCという処置を行います。硬く取れにくくなった歯石まですっきりと取り除き、フッ素を塗って仕上げをします。病気の原因となるものだけでなく、歯の表面に付着したヤニも除去可能というのが、嬉しいところです。

小児歯科

お子さんの口に乳歯がある期間は限られており、いずれは永久歯にその歯をゆずります。だからといって、乳歯の健康状態を軽んじてはいけません。お子さんの成長に関わる三つの役目を担っているからです。

もっと見る

一つ目は、食べ物を噛んで栄養を体内に送り込むことです。体がぐんぐんと育つ時期に、よく噛んで様々な種類の食べ物を味わい取り入れるには、歯の健康が欠かせません。二つ目は、発音です。新しい言葉を覚え話す内容が豊かになるからこそ、歯や舌をうまく使ってクリアな発音を身につけるのに良い時期といえます。

そして、三つ目は、永久歯の誘導です。永久歯は乳歯の根っこを目印に生える位置を決めるため、虫歯で乳歯を失っていると、場所が分からなくなり乱れた生え方になってしまいます。歯の位置がずれていると、せっかく永久歯が生え揃っても噛みにくくなってしまう恐れがあります。

乳歯のうちから歯磨きや予防に取り組み、虫歯はきちんと治療しておきましょう。

歯周病治療

虫歯が歯の病気である一方、歯周病は歯ぐきと歯を支える骨の病気です。歯そのものに変わりはなくても、進行するにつれて歯ぐきが縮んで隠れていた歯の根がむき出しになり、やがて骨も減って歯が抜けてしまいます。

もっと見る

そればかりか、歯ぐきが腫れぼったくなって出血したり、くさい膿が出たりといった症状もあります。まだ歯が抜ける前でも、ぐらぐらしてきたら食べ物を噛むことはできません。こうした恐ろしい病気を引き起こす原因は歯周病菌であり、歯垢やそれが固まった歯石に潜んで歯ぐきに感染します。歯周病菌は、歯周病を引き起こすだけでなく、糖尿病といった全身疾患への影響もあります。

治療の基本は、予防と同様に歯垢や歯石を取り除いて口の中から細菌を減らすことです。ただし、歯周病が進行すれば歯と歯ぐきとの間にある歯周ポケットが深くなり、セルフケアでは磨き切れない箇所が増えてしまいます。根気強く通院し、歯科衛生士の手で病原菌の巣を除去してもらってください。

入れ歯(義歯)

入れ歯を「どうせよく噛めないもの」「すぐ外れるもの」「目立つけど仕方がない」とあきらめてしまってないでしょうか。それは、入れ歯がよく合っていないせいだと思われます。作り方次第では、適合性も見た目も改善できる可能性があります。

もっと見る

レジン製の入れ歯は、保険診療で一般的に提供されるものです。加工がしやすい反面、厚ぼったくてフィットしにくいという弱点もあります。しかし、レジンには様々な種類があり、より薄くなじみやすいタイプも登場しました。

自由診療では、金属床義歯といって粘膜に当たる部分を金属プレートにするタイプがあります。薄くても丈夫であり、食べ物や飲み物の温度が分かりやすいことがメリットです。

また、部分入れ歯には留め具がありますが、一般的には金属製で目立ってしまいます。ところが、歯ぐきに似た色で留め具を作るノンクラスプデンチャーなら、そうした心配がありません。

ほかに、少数のインプラントを支えにして入れ歯を安定させる、インプラントオーバーデンチャーも提供可能です。

審美治療

一般的な歯科診療では歯の「機能を取り戻すこと」を優先事項としますが、審美治療では機能面と審美面の両方を追求します。その一環として行われるのが白い人工歯の使用で、虫歯治療や入れ歯、インプラントに活用します。

もっと見る

白い人工歯は、1種類ではありません。当院では、作り方や材料、性質が異なる4種類をご用意しました。

メタルボンドは金属のかぶせ物にセラミックを焼き付けて作ります。歯科材料として歴史があり、丈夫であることが特徴です。その後登場したセラミック単体の材料は、つめ物とかぶせ物のどちらにも使用できます。透明感があって自然な美しさが長持ちするという魅力があります。さらに、ジルコニアという材料はセラミックの1種でありながら金属並みの丈夫さで、奥歯にも使うことができます。

また、レジンとセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドセラミックは、ほど良いやわらかさで、向かいの歯を傷めにくいという点が魅力です。どれが良いかは、相談して決定しましょう。

インプラント

失った歯の代わりを作る治療方法には、入れ歯やブリッジなどがあります。そのなかでも新しく登場した方法が、人工歯根で歯を植える「インプラント」です。単独で歯の役割をするほか、入れ歯を留める土台というタイプもあります。

もっと見る

人工歯根は金属製でネジのような形をしており、手術をして顎の骨に埋め込みます。手術と聞くと不安に思われるかもしれませんが、院内にある歯科用CTを活用し、精密な資料に基づいた治療計画を立案します。治療のリスクを削減するために綿密なシミュレーションも行いますので、不安に思われることはなんでも質問してください。クリアにしてから治療を進めていきましょう。

人工歯根が骨となじんだら、セラミックなどの人工歯を連結します。見た目も噛み心地も、天然歯によく似ていることが、インプラントの魅力です。ただし、天然歯と同様に、歯磨きや定期的な通院でのメンテナンスも必要です。体質による向き・不向きもありますので、まずは相談してください。

ホワイトニング

歯の美しさを追求する方法の一つに、天然歯を明るい白さにすることを目指す、ホワイトニングがあります。PMTCでは歯の表面に付着した色素しか落とせませんが、ホワイトニングは染みこんでしまった分も漂白します。

もっと見る

ホワイトニングの方法は、大きく分けて二つあります。一方は、診療室で行うオフィスホワイトニングです。歯科医師や歯科衛生士の手で施術が進められ、初回でも色の変化が分かりやすいという特徴があります。もう一方のホームホワイトニングは、院内で歯型を取ってマウスピースを作ったあと、毎日ご自宅でセルフホワイトニングをします。しばらく日数が必要となりますが、白さが長続きしやすいことがメリットです。

さらに、その両方をセットにしたデュアルホワイトニングも用意しました。オフィスホワイトニングで明るくした色味を、ホームホワイトニングで維持することが目的です。皆さんの「白くしたい理由」に合わせて選んでください。

歯科口腔外科

歯科口腔外科は、歯や歯ぐきだけでなく、口の中全般、口の外側、顎関節の不調を扱う分野です。粘膜のできもの、口腔がん、スポーツや事故によるケガ、顎関節症も、歯科口腔外科で治療します。

もっと見る

親知らずの抜歯も、歯科口腔外科でよく行われる処置です。「歯を大切に」という一方で「親知らずを抜きましょう」と言われると、不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は、親知らずはその多くが良くない生え方をしており、歯として機能しないばかりか、ほかの歯を悪くするリスクさえあるのです。

例えば、歯ぐきが腫れる、歯並びが悪くなる、磨きにくいために虫歯や歯周病になるといった問題が挙げられます。加えて、口臭の心配もあります。

横倒しになったり根っこが枝分かれしていたりして慎重に抜かなければならないのが親知らずですが、当院の強みは歯科用CTがあることです。状態をよく調べてから、リスクを抑えて抜歯します。

矯正治療

当院では、幼いお子さんと永久歯が生え揃っている方、両方の矯正治療に対応しています。大人の方の場合は、ワイヤー矯正のほか、透明なマウスピースを使う方法もお選びになれます。マウスピース矯正は、目立ちにくく食事や歯磨きがしやすいことが利点です。

もっと見る

小児矯正は、主に拡大床を使った治療を行っています。成長期に1年かけて顎を広げることで、永久歯が本来の位置に生えるための場所を作ります。顔の下半分のシルエットが自然な姿に整う可能性も、見逃せない魅力の一つです。

また、上下どちらかの歯が出っ張っていたり、ぎざぎざに噛み合っていたりする「不正咬合」の場合は、床矯正という装置で治療します。顎が固まっている大人の方ですと手術が必要になる場合も考えられますが、お子さんの場合は矯正治療で改善できる可能性が高いといえます。

歯並びは見た目だけの問題ではなく、食べ物の噛みやすさや歯磨きのしやすさという点でも重要です。気になることがあれば先送りにせず、当院でご相談ください。